エフェクターの音作りで個人練習スタジオ


ギターのmakotoです。

先日楽器店で試奏して衝動買いしたBOSSのコンプレッサーCP-1X

最先端のMDPとかいう技術で、あらゆる帯域で自然なコンプ効果が得られるコンピュータみたいなやつ。

今までのコンプエフェクトの「さもコンプかけました」っていう音質変化が無くてアコギらしさはそのまま。そのくせコンプ本来の、音の大小の粒をそろえる効果は低音から高音までとても自然。

ベースが育休に入ったため、ところどころでベースソロの代わりにオープンチューニングのフィンガーでフレーズを入れることが多くなったんですが、音量もスライド部分なんかの音の残り方とかも不満が多かったわけ。まぁ技術不足と言われるとその通りなんだけど(笑)

リハで試したところ演奏に埋もれることなくソロが前に出てきたので感激。さらに僕らのサウンドに合うように、スタジオの個人練習で各つまみのパラメータ設定を調整しました。次回リハではもっといい音で鳴らせると思う。

自宅でレコーディングに使っている据え置き型コンプのFocusrite「PLATINUM PENTA」より自然な音がするんだから、他のエフェクターを売りはらって買い換えた甲斐がありました。

これとパラアコDIがあれば当分Liveでは困らないかな。まぁそのうちまた別のものが欲しくなるだろうという性は否定しないが(笑)