スタジオ個人練習


ギターのmakotoです。

衝動買いしたZOOMのAC-3のパラメータセッティングのため、スタジオ個人練習に。

自宅でヘッドフォンで聴いて確認していたとはいえ、ちょっとドキドキの瞬間です。

というのも以前アコギ用のマルチエフェクターで、これと同様の「ギターのBODY鳴りをシミュレートする」BOSSのAD-8を持っていましたが、ピエゾ独特のプニプニしたシンセみたいな音がしていたので、Liveではほとんど使わなかった記憶があり、今回ももし同じだったら高い買い物だけにダメージ大きいなと心配していました。

もちろん買う前にデモ映像は見ていましたし、それを参考にはしましたが・・・

楽器店で試奏したとしても使えるのはエレキアンプで、アコギ用アンプやミキサーに入れて試奏できるところはほとんどないですからね。

結論から言うと、AD-8と違って充分Liveで使えるレベルです。

エレアコとベストマッチだと思うL.R.BAGGS のパラアコースティックD.I.を持参して比較しました。

デフォルトではパラアコDIの乾いたエッジの効いた音に対して、AC-3はすこしまろやかで物足りない感じでしたが、イコライザで中低音をかなりカットするとパラアコに近い音になりました。が、やはりパラアコの方が音質的に若干上だと感じます。

でも、LiveのセッティングでパラアコからAC-3に変えようと思った主な理由であるクリーンブースト機能は、一発でバッキングからソロパート音量にクリーンな音のまま変えてくれるすぐれものでした。クリーンブースターは単品で買ってもそこそこの値段しますから。

もう一つの魅力である多彩なアコギ用空間系エフェクトはステレオで出力でき、とても魅力的な音で、ついつい最初は強めにかけたがる誘惑と戦うのが大変そうです。

コンプレッサー部分は持参したBOSSのCP-1Xがはるかに上なので、設定ゼロにして使わないことにします。

これで一応設定を決めましたが、相棒uraraとのツインアコギのアンサンブルを聴いた上で、細かい音調整が必要になると思います。次回リハで試してみます。